イクメン日記vol.34(6/5) 小学校登校、一番の壁は…

こんにちは。イクメン野郎ことHIROSHIです。

金曜日。KAZUの小学校の通常登校が始まりあっという間に一週間が経ちます。

問題は下校中にあり

小学校の登校が始まり、

KAZUは朝起きるし、朝飯も食べるし、しっかり挨拶するし、

うまくいきそー、と思っていたのです。

が、

下校中、

「暑い~」

「ランドセル持って~」

「帰ったらアイス食べていい~?」

イラっとしながら、

「我慢しなさい」

「やだ」

「お昼ごはんが先」

と答えると、機嫌が悪くなる。

「じゃあ、パパはずっとランドセル持ってくれないんだね!!」

と逆ギレ。

そういえば、うちの子…

今までのKAZUを振り返ると、

「暑いのは嫌」

夏場、外に遊びに行きません。

大好きな自転車だってやりたがりません。

理由は暑いから。

汗をかくのが嫌いみたいです。

プールは好きです。

「つらいのは嫌」

ピアノの練習の時、やり方を教えようとすると、

「わかってるから!」

と言って話を聞かないけれど、できない。

またできない自分にイライラ。

そして機嫌が悪くなる。

根性がないのか?

でもあきらめずにやってるから根性がないわけではないのか?

「嫌なものは嫌」

一度嫌だと思ったものは、何が何でも嫌みたいです。

あれだけ好きだったラーメン屋のラーメン。

一度、具合が悪くなったのをラーメンのせいに。

もう絶対行かないみたいです。

ごはんでも、KAZUが食べられないものを味変して食べられるように工夫しても、口をつけようとしない。

嫌だと思ったものはなかなか変えられないみたいです。

嫌なものとどう向き合うか

嫌なものを嫌だというのは、これまでの私たち夫婦の教育のたまものだと思います。

反省。

が、

これから先、嫌なものとどう向き合っていくのか、教えていかなければ。

家ならともかく、学校でこんなことになると思うと…。

1年生になったから

ピアノの話になりますが、もうはじめて3年目に突入します。

練習はずっと嫌がっていましたが、褒めたり、怒ったり、おだててみたり、無視してみたり。

色々な手をとっては変え、とっては変えの繰り返し。

なんとか形になってきています。

そして最近、ピアノの練習を少し厳しくしてみました。

いつもなら、1度通して曲を弾ければ良しとしていました。

ゴールは「1度通して弾けること。」

最近は、うまくいかないところの反復練習をさせています。

KAZUのイライラが溜まってくるのが目に見えてわかるのですが、できるまでやらせるようにしています。

ゴールは「パパが出した課題をクリアすること。」

やりはじめて、めちゃくちゃ怒っていましたが、最近は諦めたっぽいです笑

親が少しずつ負荷をかけること、

やると決めたら親は折れない、

大事ですね。

下校中のランドセル問題も、そこは心を鬼にして、絶対に持ってやらん!

これまで甘々な、教育だったのかなぁ、と反省です。

が、

過去をいろいろほじくり返しても意味ないので、これからのことを考えます!

また来週がんばってくれよ、息子よ!