イクメン日記vol.4(4/4)

こんにちは。イクメン野郎ことHIROSHIです。

今日は土曜日。少し息抜きができそう。

予定としては、下の息子KAZUが歯医者に行くことになっています。

予防歯科

私が行っている歯医者は、8年くらい前から通っている所です。

引っ越しの関係で、歯医者まで30分程かかるのですが、

安心できる所なので通っています。

歯は一生ものですから、

できれば腕の良いお医者さんに診てもらいたいものです。

この歯医者さんですが、予防歯科に力を入れています。

最近はどこの歯医者でも力をいれているのでしょうか。

8年くらい前にはじめて行ったときのこと。

歯の隅々まで診てもらい、虫歯がないことを確認すると、

徹底的にクリーニングしてくれました。

全ての歯間までフロスをしてくれます。

歯がツルツルになるので気持ちよかった。

最後にフッ素もしてくれます。

帰るときには4か月後の検診の予約をします。

初めてこの歯医者に行き、

本当に虫歯を予防しようと患者と向き合っている姿勢に感動しました。

この経験から、私はずっと通っています。

そして、息子たちにも通ってもらおうと産まれた時から考えていました。

しかし…

歯医者の恐怖

KAZUは断固、歯医者を拒否し続けました。

世の中には虫歯に関する歌やお話がたくさんあります。

「むしばけんせつかぶしきがいしゃ」

私もこの歌を小さい頃に聞いて、今でも歌えます。

KAZUにもそういったものからの予備知識があり、

歯医者=痛い

という先入観が植え付けられているようでした。

3歳くらいの時に歯医者に行く話をしましたが、

泣きそうになりながら嫌がりました。

その時から無理やり連れて行けばよかったのかもしれませんが、

そうやって連れて行った結果どうなるか想像すると、

歯医者の椅子の上で泣きじゃくる姿しか思い浮かびませんでした。

連れていくのをためらっていました。

5歳になった頃

お菓子もチョコレートなど甘いものを食べるようになり、

いよいよ虫歯の心配が増えてきた頃。

KAZUに歯医者の話をしてみました。

・パパも歯医者に定期的に言っていること

・虫歯は治らないこと

・放っておくと歯医者に行かなくても痛くなること

・小さな虫歯を治すのは痛くないこと

・それを調べる検診は痛くないこと

を説明しました。

すると、

結構あっさり

「行く」

と言いました。

保育園で、歯科検診を経験していたのも大きかったのかもしれませんが、

しっかり話を理解してくれたことに感動しました。

初めての歯科検診

いよいよ初めての歯科健診。

KAZUも緊張したでしょうが、

私たちも結構緊張していました。

先程の歯医者に行き、名前を呼ばれ、椅子に座る。

女性の方がやってきました。

すると、

最初にKAZUの名前を聞き、

全く関係ない話から始めていました。

恐怖心を持たせないようにしてくれているのだとすぐにわかりました。

口の中に入れる器具も全てKAZUに触らせてくれました。

クリーニングの時につかうブラシも実際に動かして手にあて、

「痛くないでしょ?」

と確認しながら進めてくれました。

このような配慮のため、一切泣くことなく終えることができました。

終わった後にKAZUに感想を聞くと、

「全然怖くなかった」

と話していました。

子供への配慮も慣れている歯医者に感謝でした。

今日の検診の結果…

虫歯はありませんでした!

毎日の仕上げ磨きの成果です!

今日の一枚

KAZUの作品です。

大好きな新幹線。

どんどん絵が上手になります。

嬉しい限りですね。

また明日も頑張るぞ!